TokenPay(トークンペイ)のウォレット登録方法は?

ICOの話題が絶えませんが、ここ最近はTokenPay(トークンペイ)が熱いみたいですね。

SNSを見てたらTokenPay(トークンペイ)が気になって初めてICOに参加したという方もいるようです。
ボーナスもいいし参加するメリットは充分あると私も感じています。
(TokenPayのボーナス50%は1月3日まで!)

別の記事でTokenPay(トークンペイ)のICO参加方法を解説しましたが
TPAYを受け取るにはウォレットを準備しておく必要がありますので、
今回はTokenPay(トークンペイ)のウォレットの登録方法を解説していきます。

 

ウォレットとは?

ウォレットって何だっけ?という方のために軽く紹介しておきますね。

ウォレットとは簡単にいってしまうとネットワーク上の財布のことです。

取引所などでコインを購入したときも、そのまま取引所の口座に保管しておくのではなく、
自分専用のウォレットに移しておいた方が安心できます。

ICOの案件はたくさんありますが、ほとんどは自分のウォレットからICOに
コインを送金するような仕組みになっています。

また、トークンを受け取るのにICO案件専用のウォレットを作る必要があることも。

TokenPay(トークンペイ)の場合、TPAYトークンを受け取るには
公式サイトからウォレットのダウンロードして作らないといけません。

TPAYの受け取りはトークンセール終了後となっていますが、
ウォレットは必須なので準備しておいた方がいいです。

あとスマホはアンドロイド版はあるのですが、
iPhone版はまだ開発中で出来るだけ早期に発表するとのこと!

TokenPay(トークンペイ)のウォレット登録方法

TokenPay(トークンペイ)のウォレットはすでに開発済みで、
管理画面の「Wallets」からダウンロードすることができます。

デスクトップ(PC)はWindows版、MAC OS X版、Linux版。
モバイル(スマホ)はAndroid版、iOS版(開発中とのこと)。
あとはペーパーウォレットがあります。

この中から自分の環境に合ったウォレットをダウンロードして下さい。

今回はPCでダウンロードした場合を解説しています。

zip形式でダウンロードされるので解凍して開いてください。

ダウンロードしたファイルの中に「tokenpay.exe」という
データが入っているので、これをクリックするとウォレットが開ます。

ウォレットのダッシュボード内にある「Wallets」から
「Recieve」を選択して、アドレスをコピーします。

そしたら、TokenPay(トークンペイ)の管理画面に戻り「Wallets」に
先ほどコピーしたアドレスを貼り付けて「SUBMIT」をクリックしたら完了です!

ウォレットに残高が反映されるのは、ICOが終了してからになります。
(終了予定日は2018年1月17日)

TokenPay(トークンペイ)の上場は?

ホワイトペーパーによればICO終了後に
主要の取引所に上場を予定されています。

12月11日に行われた日本語つきのライブセミナーでは、
上場について、予定では1月末と考えていますが、
トークンが売り切れればもっと早くなるかもとのこと。

また、出来るだけ大手の取引所にしたいともお話されていました。

TokenPay(トークンペイ)と同じ匿名通貨はDASHやZcashが有名ですが、
どちらもコインチェックに上場していますよね。

今勢いのある匿名通貨なので、これからどうなるか楽しみなところです。

詳しい公開日などわかり次第、更新していきたいと思います!

 

 

  bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で