ホワイトペーパー(仮想通貨ICO)の英語が読めない!簡単に日本語翻訳する方法を紹介!

仮想通貨ICOに参加する際によく面倒だな、困るな、と思うのが、言語がほぼ日本語には対応していないところです。

とくにICOに参加するうえでホワイトペーパーはしっかり読み込んでおきたいのですが、これが日本語じゃないと完全に手が止まってしまいます。

私も初めてICOに参加してみようとしたときは、英語だらけで全然読めなくて諦めようかと思ったこともあります。学生の時にもっと英語をちゃんと習っておけばよかったかな、なんて後悔もしました。。

ですが、そんな私のように「英語がまったく分からない」という方でも、日本語に翻訳してしまえばなんとなく内容は掴めるはずです!

ということで、こちらの記事では私がよく活用している1発でホワイトペーパーを日本語翻訳する方法を紹介したいと思います。

ICOのホワイトペーパーを日本語に翻訳する方法

パソコンとネット環境だけあればOKです。

参加したい・もしくは気になっているICOのホワイトペーパーを、まずは自分のパソコンにダウンロードしましょう♪

1:ホワイトペーパーのダウンロード

ほとんどのICOが、ホワイトペーパーのページに飛ぶとダウンロードできるボタンがあります。

例えば、こちらはVestarin(ヴェスタリン)というICOのホワイトペーパーなのですが、画像の赤枠部分をクリックするとパソコンに保存する画面が出てきます。

PDFで保存されるので、そのままデスクトップにでも保存しておきましょう。

 

2:翻訳サイトを使って日本語に変換する

私がよく使っている翻訳サイトはこちらです。
https://www.onlinedoctranslator.com/ja/

このサイトでは、PDFをアップロードすることで、どの言語でも出来るだけレイアウトを崩さずに、好きな言語に変換することができます。

現在は登録も必要なく、なにより無料で使えるのででおすすめです。

【日本後に変換する方法】

↑のサイトを開いたら「今、翻訳する」をクリックします。

 

そうすると、ファイルをアップロードする画面になるので、パソコンにダウンロードしておいたホワイトペーパーをこちらにドラック&ドロップしてアップロードして下さい。

 

ホワイトペーパーをアップロードしたら、画面を下にスクロールして…

翻訳する前の言語と、翻訳したい言語を選択して「翻訳する」をクリックします。

 

準備中…と出るので少し待ち、完了すると、自動的に日本語に翻訳されたホワイトペーパーがダウンロードされます。

中には正しい日本語に翻訳できていない部分もたまにあるので、多少読みづらいところはあるかもしれませんが、全文英語よりかはマシだと思います。

 

1発ですぐにホワイトペーパーを日本語にできるので、ぜひ活用してみて下さい^^

 

  bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で