【楽天コイン】仮想通貨発行はロシアに決定!?

今年ニュースにも取り上げられ話題になっていた”楽天コイン“。

楽天コインとは、楽天市場などで有名なあの「楽天」が、新たに発行しようとしている仮想通貨になります。

2018年の楽天会員数は、国内だけでも9600万人を超えているそうです。

これだけ多くの人が利用しているわけなので、仮想通貨に興味はなかったけど楽天コインは気になる…という人がいてもおかしくないですよね。

個人的にも楽天コインは「買えるなら買いたい!」とは思っていますが、果たして日本でも買えるようになるのか・・・。

 

で、そんな楽天コインの新たな情報が、7月5日に発表されました。

国内Eコマース大手の楽天が、完全子会社が運営するメッセージアプリ「Viber」を使って、ロシアで独自の仮想通貨「楽天コイン」を2019年にも発行する計画だ。ロシア国営通信社のイタル・タス通信が3日伝えた。

Viberのダジャエル・アガウアCEOが明らかにした。楽天は専門家を通じロシアの仮想通貨に関する法律を調査しているという。楽天は今年2月、ブロックチェーン技術と既存の「楽天スーパーポイント」のロイヤルティプログラムを通じて楽天コインを発行する計画を発表していた。

アガウアCEOは「楽天は仮想通貨の楽天コインを発行し、それにより楽天のエコシステム全体をサポートする計画だ」と述べた。Viberのウォレットで管理し、ロシアのルーブルや米ドル、ユーロと交換できるようにする。

以前から海外のメッセージアプリ「Viber」と連携して事業を行うことは発表されていましたが、海外(ロシア)で発行されるようですね。日本の金融庁はやっぱり厳しいのでしょうか?

とはいえ、まだまだ今後の展開がどうなるか気になる楽天コイン。人気の仮想通貨になることは間違いないかなと個人的には思います。

 

最近、仮想通貨に関係するニュースはマイナスなものばかりで、ビットコインにしてもあまりいいイメージを持たれていない方もいますよね。

しかし、楽天コインであれば、楽天は誰でも知っているような大企業で知名度は間違いなくあり、ビットコイン以上に日本で馴染みのある仮想通貨になっていく予感がします。

仮想通貨に対するマイナスなイメージも変わりそうですし、後々は、お買い物など一般的にも利用されるような通貨になっていくかもしれませんね。