【仮想通貨】REGAIN(リゲイン)の評判は?

現在ICO中の仮想通貨、REGAIN(リゲイン)の評判は良いのでしょうか?それとも悪いのでしょうか?

ICOに参加する(仮想通貨に投資する)場合、しっかりとメリット・デメリットを把握した上で購入を考えなくてはいけません。

こちらの記事ではREGAIN(リゲイン)について個人的な評価やネットの評判をまとめてみました。

リゲインのICOに参加するか迷っている方や、どの仮想通貨に投資しようか迷っている方の参考になればと思います。

 

REGAIN(リゲイン)の評判・評価は?

2017年12月22日にICO第1弾が開始されたREGAIN(リゲイン)ですが、発行されるREGトークンはかなりのスピードで売れていて、早い段階でICOは終了すると思われます。

売れてるなら評判は良いんじゃない?」と思うところですが、みんなが買ってるからと流されて投資するのはダメですよね。しっかりとデメリット・リスクを考えなくてはいけません。

もちろん参加を考えているICOならホワイトペーパーをよく読むことは必須です。リゲインが気になっているけどまだ読んでいない方は見ておきましょう。

Regain(リゲイン)ホワイトペーパーはこちら

 

ホワイトペーパーの内容も解説すると長くなってしまうので、ここからは読んでもらった前提で、私が気になった部分を紹介します。

 

まず1つ目に、REGAIN(リゲイン)のプロジェクトについてですが、簡単に言うとマイニング市場の健全化を目的としています。仮想通貨の王様とも言われるビットコインが関係するところなので、REGAIN(リゲイン)の目的はとてもいい考えだと共感してしまいます。

ただ、REGAIN(リゲイン)は既にマイニング市場で2番手で活躍しています。これだけ勢いがあるなら、わざわざICOをして資金を集める必要はないのでは?とも思ってしまいます。

しかし、マイニングマシンは常に高性能な新しいものが求められてくるので、その開発・維持のために資金が必要というのはわかります。しかもマイニング市場の半数以上を独占しているのは、中国のBitmain社というマイニングで有名な会社です。ここがREGAIN(リゲイン)のライバルになるわけなので、ICOを行う必要もあるのかなと考えました。

ICOに参加するにあたり、ホワイトペーパーを読んでこのプロジェクトは本当にできるのか、実現的かを考えるのも重要です。

私は現実的に考えてもREGAIN(リゲイン)のプロジェクトは無理なものではないと感じています。仮想通貨のマイニングで利益を出したい人は大量にいるので、需要はかなりあると言えます。

 

2つ目に気になったのが、REGAIN(リゲイン)のICOは利率が高いというところ。REGAIN(リゲイン)のICOに参加すると毎月配当が得られるようになっています。

ICO第1段階では、1REGあたり4000ドルなので日本円にすると今の相場だと約45万円。そのとき配当は毎月0.034BTC〜(見込み)となっているので約61,000円と考えると、、1REG購入した場合は約8ヶ月ほどで投資金を回収できてしまうんです。

ビットコインが値上がりすればもっと早くに回収できることもありえますし、そのまままREGトークンを持ち続ければさらに報酬が期待できます。

これに関しては注目している人が多くREGAIN(リゲイン)の評判にもなっているところですが、一方で怪しいと疑う声も出てきています。

確かに「そんなうまい話があるわけ…」と疑ってしまいます。というか怪しいと思うのが普通ですよね。

ですが他のICOだって同じです。上場するまではどうなるかわかりません。うまくいけば報酬はあがり、失敗すれば投資金はなくなります。他のICOと比べるなら、REGAIN(リゲイン)はマイニングで得た利益を還元するという考え方なので、そこを安心材料に捉えることもできますよね。

 

ちなみにREGAIN(リゲイン)の発行トークン数は全体でもたったの65000REGで、REGAIN(リゲイン)のプロジェクトに共感してくれた人が買ってくれたらくれたらいいというスタンスです。

最低購入価格は0.00001REGと、ほぼないも同然な設定です。気になるなら、リスクを分散して少ない金額で投資していくのも良い手段だと思います。

 

それでは、Regain(リゲイン)のデメリットをまとめてみます。

・ICOが第4段階まであるため期間が長い
・利率が高いのは怪しい
・プロジェクトが上手くいくかはわからない

REGAIN(リゲイン)のICO第4弾の終了予定日は2018年11月15日となっていますので、上場時期まで長期戦になることは覚悟しておきましょう。

利率が高いのを怪しいととらえるか、それとも上場前から報酬を得られることを魅力ととらえるかはその人それぞれです。プロジェクトが良い方向に進むかどうかは、どんなICOでもやってみなければわかりません。

報酬が毎月きちんと得られるとわかれば、今後REGAIN(リゲイン)を買いたいという人は必ず出てきます。そうなれば価値はどんどん上がっていきますよね。

REGAIN(リゲイン)のメリットを上げるなら、毎月の報酬+上場後の爆上げが期待できるというところでしょうか。

私の個人的な評価としては、リゲインは投資する価値はある仮想通貨だと思っています。

 

リゲインのみんなの評判・口コミ

REGAIN(リゲイン)のネットの口コミや評判もまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

「REGAIN怪しいけど申し込んでしまった! まあダメでも勉強料という程度で様子見!! 」
「ビットコイン市場に直接かかわる事業を持った企業なので、皆さん関心が強いんでしょうね!」
「与沢翼さんがREGAIN紹介しだしました。」
「regainって大丈夫?末路はHYIPでよく見たパターンしか思いつかぬ」
「詐欺詐欺言ってる人多いけど、ico型クラウドマイニングって考えるとありえるよね。」
「REGAIN迷わずいっときました。」
「神案件きましたねーーー!」
「興味があるのは配当付の通貨ですね…… REGAINは注目してますね! 」
「4月からはマイニング報酬も受け取れるようになります。 これはとてもいいICOですよね。」
「180万高値掴みだと思うけどBTC購入。これはREGAINの分。」
「来年利益出てきたら少し買ってみようかなと思います」
「Regainトークンはコンセプトは魅力的ですね。ビットコはこのままいくと安く電力調達した人の1人勝ち≒中国1人勝ちなので、それを防げる可能性がある。」

出典:https://goo.gl/BXfPD7

良い評判・悪い評判どちらもみられますね^^;

「来年に利益が出ているかみてから買う」というような意見もありますが、REGAIN(リゲイン)のICO第2段階以降なら、第1段階の配当が行われたか確認できるのでリスクが減りますよね。まだまだ先は長いので、様子を見るのもいいかもしれません。

 

最後に、REGAIN(リゲイン)の評価がいいのか悪いのかはっきりしなくなってしまい「余計に悩んでしまった!」という方もいるかもしれません。

ですが結局は、ICOは自分でしっかりホワイトペーパーを読み込んで、リスクもきちんと計算した上で投資することが重要ということですね。

少しでも気になっている方は、まずはこちらのボタンからREGAIN(リゲイン)のホワイトペーパーなどを参考に考えてみてはいかがでしょうか。

 

  bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で