changelly(チェンジリー)登録方法・使い方を徹底解説!

仮想通貨をやっていて持っているコインを他の通貨に両替をしたくなったときはchangelly(チェンジリー)”を使ってみてはいかがでしょうか?

いつも国内の仮想通貨取引所を使っているという方は、changelly(チェンジリー)を使えばかなりお得に通貨の両替ができるようになりますよ!

もちろん、まだ仮想通貨をはじめたばかりの方も、changelly(チェンジリー)の使い方は知っておいて損はありません。気になる方はこの機会にchangelly(チェンジリー)に登録しておいてください!

こちらの記事では、changelly(チェンジリー)のサービス内容について詳しく見ながら、changelly(チェンジリー)の登録方法や使い方も解説していきます。

「changelly(チェンジリー)の登録方法や使い方を今すぐ知りたい!」という方は、下記の目次をクリックしてchangelly(チェンジリー)登録方法や使い方の解説から読んでいってください。

changelly(チェンジリー)って何?

changelly(チェンジリー)とは何かひとことで言うと、changelly(チェンジリー)は「海外の仮想通貨両替所」になります。チャンジェリーではなくchangelly(チェンジリー)”と読みます。単純に英語の「change=交換」の意味から名前がつけられたようですね。

changelly(チェンジリー)のサービスが開始されたのは2015年からで、チェコ共和国の暗号市場で最長の実績を持つチームが開発しました。そのためサイトは海外の言語のみだったのですが、2017年10月から日本語にも対応されたので、日本人の利用者も増えてきいます。

現在は世界中で50万人以上の人がchangelly(チェンジリー)を利用していて、簡単に仮想通貨の両替ができることから、これからchangelly(チェンジリー)を使う人はどんどん増えていくでしょう。

また、changelly(チェンジリー)の人気ぶりから、今後はchangelly(チェンジリー)以外の仮想通貨両替所も新しく登場してくるかもしれませんね。

changelly(チェンジリー)の特徴

changelly(チェンジリー)の特徴について公式サイトを参考に見ていきましょう。

changelly(チェンジリー)の特徴1】

changelly(チェンジリー)の手数料は一律0.5%となっています。

海外の取引所を使っているよ!という方はそれほど魅力的な手数料ではないかもしれませんが、国内の取引所を普段から使っている方なら、changelly(チェンジリー)の手数料は安い!と感じるのではないでしょうか。

また、changelly(チェンジリー)にはスプレッド(取引の際に生じる価格の差)がありません。そのためアルトコインを売り買いする際、どこの取引所がお得かスプレッドをいちいち見比べたりかなり面倒ですが、changelly(チェンジリー)を使うなら、面倒なスプレッドに悩むこともなくなります。

changelly(チェンジリー)の特徴2】

changelly(チェンジリー)は手続きのスピードも重要視しています。

仮想通貨取引所から送金するとき、たまに何時間も待たされることもあって、そういう時ってすごくソワソワしますよね。ですが、changelly(チェンジリー)で両替を行う際、反映されるまでかかる時間は早くて5分程度、遅くても30分くらいです。

手続きが早く済むのは嬉しいし、安心感もありますよね。changelly(チェンジリー)の強みだと思います。

changelly(チェンジリー)の特徴3】

信頼できるかどうかは使用する私たちにとって一番重要なところです。

changelly(チェンジリー)はMinerGate(マイナーゲート)チームが運営していますが、MinerGateは仮想通貨のマイニングツールも運営していることで有名です。仮想通貨の業界でかなりの実績を持っているので、信頼性は高いと考えられます。

また、changelly(チェンジリー)は仮想通貨の大手企業と提携しています。

ネム(nem)は日本でも有名な仮想通貨ですね。見慣れないものもありますが、調べてみるとどれも海外ではかなり有名な仮想通貨でした。このことからも、changelly(チェンジリー)は信頼できるサービスだと言えますね。

 

では、ここまでchangelly(チェンジリー)について詳しくまとめてみましたが、実際にchangelly(チェンジリー)を使うとどんないいことがあるのか・・・

changelly(チェンジリー)を使ってできることを次で解説していきますね!

 

changelly(チェンジリー)を使ってできること

changelly(チェンジリー)は仮想通貨同士の両替ができるサービスですが、対応しているアルトコインはなんと80種類以上もあります!

新しい通貨もどんどん増やしていっているみたいで、イーサリアムやリップル、ネムなど有名なものから、マイナーな仮想通貨まで扱っています。こちらはchangelly(チェンジリー)で両替できる仮想通貨の一部です。

有名どころはすべて扱っているので、両替できない仮想通貨があったら…なんて心配はいりませんね。

また、国内では持つことができない仮想通貨(ICO後の通貨など)も、changelly(チェンジリー)で両替することで持つこともできるようになります。

もちろん、仮想通貨取引所で両替を行うより手数料は安くすみます。

では実際にchangelly(チェンジリー)を使うと、どれだけお得になるのか見ていきましょう!

 

changelly(チェンジリー)を使うと取引所と比べてどれくらいお得?

仮想通貨を両替したいとき、国内の仮想通貨取引所と、changelly(チェンジリー)を使った場合で比べてみます。

【国内の仮想通貨取引所を使う場合】

取引所でビットコインを購入する
→海外の取引所にビットコインを送金
→送金が反映されるまで数時間待つ
→取引所に反映されたビットコインでアルトコインを購入する
→両替完了!

ビットコインを送金するときとアルトコインを購入するときに手数料がかかります。

国内の仮想通貨取引所の手数料は、約3%前後になっていることが多いので、1回の両替でかかる手数料は合わせて約6%前後になります。これを両替のたびに毎回支払うのはとてももったいないですよね。

changelly(チェンジリー)を使う場合】

changelly(チェンジリー)をのサイトから両替したい通貨を選択
送金元、送金先を選択
→反映されるまで5分~30分待つ
→両替完了!

changelly(チェンジリー)を使った場合、1回の両替でかかる手数料は手数料はたったの0.5%です。

手数料の安さだけではなく、反映されるまでの待ち時間もchangelly(チェンジリー)の方が短いし、両替完了までの手間も少ないですね。

基本的にはchangelly(チェンジリー)の方がお得ですが、両替したい通貨とタイミングによっては取引所の方が安くなることもあるようです。changelly(チェンジリー)を使うときは、いつも使っている取引所と一度比べてみてから両替を行うといいと思います。

では、changelly(チェンジリー)の概要がわかったところで、次はchangelly(チェンジリー)の登録方法から使い方まで解説していきますね!

 

changelly(チェンジリー)の登録方法

まずchangelly(チェンジリー)のサイトに飛びます。

このような画面になるので画像赤枠の「Sign Up」をクリックします。(サイトが海外の言語になっている場合は、画像の青枠部分をクリックして日本語を選択してください。)

このうよな新規登録画面になります。GoogleアカウントやTwitterアカウント、facebookアカウントでも登録できますが、今回はメールアドレスで登録しました。

登録したいメールアドレスを入力して、チェックをつけて「サインアップを続行」をクリックします。

そうすると、このような両替する画面に変わりますが、ここですぐには両替せずに、changelly(チェンジリー)から届いたメールを確認してください。

このようなメールがchangelly(チェンジリー)から届いていると思います。ログインアドレスとパスワードも書いてあるのでしっかり控えておきましょう!

先ほどchangelly(チェンジリー)に登録する際、メールアドレスだけ入力したので、パスワードは適当に決められています。

そのため、セキュリティ面を考えてパスワードはすぐに変更しておくことをおすすめします。ついでに2段階認証も一緒に設定してしまいましょう!

 

changelly(チェンジリー)のパスワード変更・2段階認証の設定方法

まずはパスワードを変更していきます。

changelly(チェンジリー)のサイトにもどり、右上のマイアカウントを押して「Profile」をクリックします。

このような画面になるので、画像の赤枠内に今のパスワードと新しいパスワードを入力して「Save」で保存してください。

changelly(チェンジリー)のパスワードの変更ができたら、

続いて2段階認証の設定をしていきます。まずは画像の青枠「Enable」をクリックします。

するとこのようなQRコードが出てきますので、「Google Authenticator(Google認証システム)」のアプリを起動して読み取ってください。

「Google Authenticator」はお使いのスマホからダウンロードしてください。AppStoreかGooglePlayで「Google Authenticator」もしくは「Google認証システム」と検索すると出てきます。

QRコードを読み取ると、「Google Authenticator」に6桁の数字が表示されるようになりますので、「Your password」に先ほど登録したパスワード、「Verification code」に6桁の数字を入力して確定してください。

次にログインする際は、また「Google Authenticator」を開いて、6桁の数字を入力してログインできるようになります。

少し手間にはなりますが、セキュリティ面を考えて2段階認証は必ず設定するようにしましょう!

changelly(チェンジリー)の2段階認証の設定方法は以上です。

それでは、いよいよchangelly(チェンジリー)の使い方を解説していきます!

 

changelly(チェンジリー)の使い方

changelly(チェンジリー)の使い方を紹介します。

changelly(チェンジリー)で両替を行う際に、送金先のウォレットアドレスが必要になるので、使うときはあらかじめ用意しておいてくださいね♪

では、まずはchangelly(チェンジリー)にログインした状態でトップページを開きます。

ここで両替したい通貨と金額を入力し「交換」をクリックして手続きへ進みます。

するとこのような画面に切り替わりますので、両替したい通貨・受け取る金額・両替レートや手数料、送金完了までの時間をよく確認し、とくに問題がなければ「次へ」を押してください。

次に、送金先アドレスを送る画面になるので、受け取りたいウォレットアドレスを入力し、間違いがないか確認したら「Next」をクリックします。

続いて、changelly(チェンジリー)の送金アドレスが表示されるので、ここに両替したい通貨を送ってください。

送金アドレスは間違えないようにコピーしてください!手入力は間違いの元です!!

スマホを使うときはQRコードを読み込んで送金を行なってください。

また、このとき送金アドレスと一緒に「メッセージ送ってください」と表示される場合は、必ずメッセージの入力も忘れずに行なってくださいね!

changelly(チェンジリー)の送金アドレスに送ったら、あとは両替が完了するのを待つだけです。changelly(チェンジリー)のマイアカウントの「History」から両替状況を確認できるので、5分~30分くらいたったら確認してみましょう♪

changelly(チェンジリー)を使うときの注意点

changelly(チェンジリー)を使いたいときに注意したいのは、受け取りたい仮想通貨のウォレットを用意する必要があるところです。ウォレットとは、仮想通貨を管理する財布のようなもので、コインチェックやビットフライヤーなど、仮想通貨取引所からも提供されています。

例えば、changelly(チェンジリー)でビットコイン(BTC)をモネロ(XMR)に両替したい場合、モネロはビットフライヤーでは取り扱っていないので両替ができません。しかし、コインチェックなら扱っているので両替して受け取ることができます。

面倒な方は取り扱っている通貨の種類が多い、コインチェックやビットレックスなどの取引所のウォレットを利用してみてはいかがでしょうか。

また、近日オープン予定の仮想通貨取引所「Bitplus(ビットプラス)」は海外の取引所なので、扱う通貨の種類はコインチェックなどより多くなると思います。しかも、日本語にも対応しているので海外の仮想通貨取引所を利用したことがない方でも使いやすいです。Bitplus(ビットプラス)が気になる方はこちらの記事を参考にどうぞ!

最後に、ここまでchangelly(チェンジリー)の登録方法から使い方まで解説してきましたが、私も実際にchangelly(チェンジリー)を使ってみてとても便利なサービスだなと感じましたし、これからはchangelly(チェンジリー)を使っていこうと思っています。

changelly(チェンジリー)を使うようにすれば、手数料をかなり安く抑えられるだけでなく、欲しい通貨をスムーズにゲットできるようにもなります。

仮想通貨をはじめたばかりの方も、これから多数の通貨を取引していくのであれば、changelly(チェンジリー)は必須のツールになってくると思います!

今はchangelly(チェンジリー)を使う機会がなくても、changelly(チェンジリー)のような仮想通貨の両替サービスがあることは、ぜひ頭にいれておいてくださいね^^