アルトコイン(オルトコイン)とは?ビットコインとの違いって何?

仮想通貨といえば”ビットコイン”というイメージですが、ビットコインについて調べていると”アルトコイン(オルトコイン)”という言葉が度々出てきますよね。

これから仮想通貨を初めようとしている方の中には「ビットコインは知っているけど、アルトコインって何?どんな違いがあるの?」と思う方もいるのではないでしょうか。

ということで、今回はこれから仮想通貨を初める人向けにアルトコイン(オルトコイン)とは何なのか、ビットコインと何が違うのかを解説していきます!

アルトコイン(オルトコイン)とは?

アルトコイン(オルトコイン)とは、簡単に言ってしまうと「ビットコイン以外の仮想通貨」になります。

正しくは「alternative coin(オルタネイティブコイン)」で、これを略してアルトコイン(オルトコイン)と言われています。

日本語に訳すとalternative=代わり、つまりビットコインの代わりとなる通貨を意味していて、ビットコインの欠点を補える仮想通貨を作りたいという思いから、アルトコインが誕生し、今では様々な機能を持ったアルトコインが次々に作られています。

現在、アルトコイン(オルトコイン)の種類は1000種類を超えるほどにもなっていて、次々に登場するアルトコイン(オルトコイン)を全種類把握するのはとても難しいです。

人気の仮想通貨だと、リップルやイーサリアム、ライトコインなど挙げられますが、これらもアルトコイン(オルトコイン)に分類されます。

では、これらアルトコイン(オルトコイン)がビットコインとどのように違うのか見ていきましょう。

アルトコイン(オルトコイン)とビットコインの違い

アルトコイン(オルトコイン)とビットコインの何が違うか、はっきりとは言い難いところです。

なぜならアルトコイン(オルトコイン)は、ビットコインのプログラムを元にして作られているからです。

ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコイン(オルトコイン)と呼んでいるので、違うと言えば違うし、仮想通貨という括りでは違いはそれほどないとも言えます。

例えば、先ほど人気の通貨として挙げたライトコインですが、ライトコインの機能はほとんどビットコインと同じです。
ビットコインが金とするなら、ライトコインは銀を目指そうという目的で作られました。ビットコインよりも発行量が多く、ビットコインより取引の承認スピードが早いという特徴があります。

また、Googleの子会社との提携により価格が高騰し話題となったリップルは、リップル社が独自に開発した仮想通貨になります。
ビットコインは中央管理者(中央銀行)が存在しませんが、リップルには存在しているので、通貨同士の取引を早く、手数料も安くすることができます。

アルトコイン(オルトコイン)の代表格ともいえるイーサリアムは、独自のシステムで別のビジネスを展開できるのが特徴で、ビットコインと比べると柔軟性が高い仮想通貨になります。

このように、アルトコイン(オルトコイン)はビットコインの欠点をなくすことで違いを出しているのがほとんどで、ビットコインに次ぐ仮想通貨になろうと競い合っている状態です。

アルトコイン(オルトコイン)の方がビットコインより有能なんじゃないの?と思うところですが、信頼性・安全性・知名度は圧倒的にビットコインの方が上をいきます。

ビットコインは世界的に有名な仮想通貨で、急に価値がなくなることはまず考えられません。

すでに上場しているアルトコイン(オルトコイン)のみを売り買いするならそれほど注意する必要はありませんが、上場前の通貨を買う際は、投資金がすべてなくなることだってありえます。もちろん、投資金が何倍にも膨れ上がることもあります。

仮想通貨はとても魅力的ですが、売り買いしていくならしっかりとリスクを考え、慎重に取引していかなくてはいけません。

アルトコイン(オルトコイン)の将来性

現時点では、アルトコイン(オルトコイン)はビットコインほどの知名度はありません。

しかし、お互いに競い合っているアルトコイン(オルトコイン)は、他の仮想通貨に負けないよう、ビットコイン並みのシェアを伸ばせるよう、より高い技術を求めて開発され続けていきます。

数年後にはビットコインを超えるアルトコイン(オルトコイン)が出てくるかもしれませんね。

 

  bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で