三菱東京ufj銀行が仮想通貨取引所を設立予定!MUFGコインも発行される!

三菱東京ufj銀行で有名なMUFGグループが独自に開発を行なっている
仮想通貨「MUFGコイン」を発行するため、
2018年内に仮想通貨取引所を設立する方針が決まったとのことです。

最近GMOやDMMも仮想通貨事業に参入してきていますが、
メルカリも年内に仮想通貨交換業登録を
行う予定とのニュースが話題になっていましたね。

ここに三菱ufjが参入してきたら、
今後さらに仮想通貨事業が盛り上がることは間違いないですね。

ということで、今回は三菱東京ufj銀行の管理会社である
MUFGグループの仮想通貨取引所がどんな取引所になるのか、

独自トークンのMUFGコインについても解説していきたいと思います。

 

MUFGの仮想通貨取引所とMUFGコインとは?

仮想通貨取引所の事業を行うには、仮想通貨交換事業者登録が必要になります。

先日ニュースになったメルカリも年内にこれを行う予定とのことでしたが、
MUFGも年内に登録、そして取引所の設立を目指すとのことです。

日本の銀行会社が仮想通貨取引所を開設するのは三菱東京ufjが初となります。

また、ニュースの内容によると

MUFGはコインを仮想通貨として発行する一方で、独自の取引所を開設し、取引を利用者とMUFGの間だけにとどめるなどして、コインの価格をほぼ1円になるよう誘導することにした。

引用元:毎日新聞より

とあります。

取引の仲介役になる取引所というよりは、販売所みたいな取引所になるようですね。
コインの量・流れなど調整ができるためコインの価格を安定させることができます。

しかし、安定といってもずっと=1円前後にとどまるのは難しいのでは?と思います。

三菱東京ufj銀行ほどの大きな企業から仮想通貨が登場するというのは
最近流行りのICOのようにまったく新しい仮想通貨とは違って、

いきなり大きな規模を持った仮想通貨が出てくるわけですから
新しいサービスも次々に展開されていくのではないでしょうか。

MUFGコインが様々なところで取引されるようになれば、
その価値は日本円を超えるほどにもなるかもしれませんよね。

なんだか国内経済にも大きく影響が出てきそう・・・

 

現状は「仮想通貨は怪しい」とか「危険」など
マイナスなイメージを持っている人が多いようですが、

メルカリや三菱東京ufjのような会社が取り入れていったら
そのイメージは大きく変わっていくと思います。

2018年の仮想通貨市場には目が離せませんね。

 

  bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で