MOOVER(ムーバー)仮想通貨ICOは買いか?評価・評判は?徹底検証!

MOOVER(ムーバー)仮想通貨ICO第2弾が2018年2月1日からスタートしました。

前回行われたICO第1弾では購入制限がされていたにも関わらず、予定していた募集額2500万ドルを調達しICO終了前に完売となっていたことから、評判のいいICOだと言えます。

個人的にも“MOOVER(ムーバー)”仮想通貨ICOにはとても期待しているので、ICOが行われいる内に買い増ししようと思っています。ちなみにICO第2弾は前回より募集額が少なくなっているため、早い段階で売り切れる可能性もあるかなと考えています。

こちら記事では、

MOOVER(ムーバー)が気になっている

前回のICO第1弾に参加できなかったけど、ICO第2弾に参加しようと考えている

という方にも参考になるように、MOOVER(ムーバー)はどのような仮想通貨ICOなのか解説していきたいと思います。

また、MOOVER(ムーバー)の評価や評判についても、個人的な意見も交えながら紹介していきますね。

公式サイト:https://moover-contrib

※2月1日からMOOVER(ムーバー)のICO第2弾が開始されました。登録方法やMOVEトークンの買い方が知りたい方はこちらの記事を参考にしてみて下さい。

MOOVER(ムーバー)仮想通貨ICOの目的は?

MOOVER(ムーバー)のプロジェクトは、一言でいってしまうと「余っているモバイルデータ通信を世界中のユーザーとシェアしていこう」というものです。

わかりやすく解説している動画が公開されていますので、まずはこちらをご覧ください。MOOVER(ムーバー)の概要がだいたい把握できます。

 

余ったモバイルデータ通信量ってどんなもの?って考えてみると、身近なものだとスマホですね!

例えば、私は仮想通貨の取引所とかもスマホで見ていますし、暇なときはYouTubeとかもよく見るので、毎月のデータ通信量は同世代の友人と比べたら多いので、速度制限されないように通信量多めのプランで契約してます。

ですが、実際に速度制限されたことって今までで1回くらいしかないんですよね。ということは、毎月いくらかは確実に余っているんですよね!

最近は家族と通信量を分けられるよ〜っていう携帯電話キャリアもありますが、私は家族とキャリアが違うし…分けられないんですよ( ;  ; )

こういう人って日本だけでも大勢いると思うのですが、もしMOOVER(ムーバー)のプロジェクトが実現したら、今まで余っても捨ててしまっていただけのデータ通信量を、世界中のどこかにいるデータ通信量が不足している人にシェアできるわけです。

これってすごい”画期的”じゃないですか?

みんながそれぞれ使いたい分だけのモバイルデータ通信量が使えるようになるし、他の人にシェアすることで報酬がもらえたりしたら、高い携帯料金代も多少は浮きますよね^^

このようなシステムをMOOVER(ムーバー)はスマホアプリで簡単にデータ通信量を売買できるようにしていこうとしています。

そして、最終的には通信手段が少ない地域の人々にも、平等にインターネット環境をシェアして”情報格差”というものをなくそうとしています。

 

私はMOOVER(ムーバー)のホワイトペーパーを読んでみて、ぜひこのプロジェクトを応援してみたいと思いました^^

興味がある方はICOに参加する前に一度読んでみてくださいね!

>>MOOVER(ムーバー)のホワイトペーパーはこちら<<

それでは次にMOOVER(ムーバー)のICOスケジュールについて解説していきます♪

 

MOOVER(ムーバー)のICOスケジュール

MOOVER(ムーバー)のICOはこのように3段階にわかれて行われます。

ICOフェーズ1はすでに目標の2500万USDに到達し完売しています。

今後、参加できるのは2月1日からのICOフェーズ2か、4月1日からのフェーズ3のみとなります。

 

ただ、エアドロップがついていることから早めに購入した方がお得ですね。

エアドロップとはトークンが無料でもらえるボーナスのようなものです。

MOOVER(ムーバー)は、

ICOフェーズ1では10%(2018年1月10日に付与)
ICOフェーズ2では7%
ICOフェーズ3では5%

とエアドロップが設定されています。

ICOフェーズ1は終了してしまいましたが、まだ参加するチャンスはあります!

 

MOOVER(ムーバー)のICO第2弾で買うのはアリ?

MOOVER(ムーバー)はICO第2弾で参加するのも全然アリだと私は考えています。

前回のICO時に完売したということは、それだけ多くの人が期待しているICOだと言えます。

しかも早い段階で購入した方がエアドロップが高くつくので、最終ICOの第3弾で買うより今回のICO期間中の方が買いどきでしょうね^^

また、前回参加した人が今回のICO中に買い増しするということもあるかと思います。そのため「ICO第1弾よりも早く完売するかもしれない」と考えておいた方がいいと思います。

 

MOOVER(ムーバー)の評価・評判は?

MOOVER(ムーバー)は最近のICOの中ではかなり評判がいいのではないでしょうか。

最初にも触れましたが、ICO第1弾では一人当たりの購入に制限がついていて、最小購入価格は100ドル(約1万円)、最大購入価格は1000ドル(約100万円)となっていました。

それで、目標の2500万ドル以上到達しているわけなので、最低でも2500人はMOOVER(ムーバー)に参加しているってことですね!(実際はもっと多いと思います)

様子見としてとりあえず100ドル分投資してみた、という人もいると思いますし、少なくとも3000人以上はMOOVER(ムーバー)のICOに参加しているのではないでしょうか。

これだけ多くの人が期待しているICOですから、評判のいいICO案件だと言えますね。

ICO第2弾開始前ですが、すでにTwitterなどでも話題になっています。

 

実際にMOOVER(ムーバー)を買ってみて…

余ったモバイルデータ通信量をシェアしていくというMOOVER(ムーバー)のプロジェクトですが、こういったシェアリングサービスは世界的に活発化している市場で、今後の成長がかなり期待できます。

MOOVER(ムーバー)の将来性にもかなり期待できると感じたので、とりあえずICO第1弾で買ってみることにしました。ICO第2弾でも買い増しする予定です。

また、最低購入価格も100ドル(約1万円)と少額からでもICOに参加できるのはいいですよね。

プロジェクトが失敗するというリスクも考えて投資しなければいけませんから、しっかりとMOOVER(ムーバー)のホワイトペーパーを読み内容を理解し、リスクも踏まえた上で購入を考えてみてください。

公式サイト:https://moover-contrib

 

MOOVER(ムーバー)のトークンを購入するにはビットコイン(BTC)が必要になるので、ICOに参加を考えているなら事前に購入したい分を準備しておくとスムーズですよ♪

MOOVER(ムーバー)ICOの登録・購入方法が知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください^^

 

  bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で