”HERO(ヒーロー)”仮想通貨ICOとは?登録から購入方法・買い方まで解説!

2018年2月1日からICOがスタートしたHERO(ヒーロー)”ソフトバンクやアリババなど有名企業も関わる仮想通貨ということで、すでに大きな注目を集めていましたが、先日上場先が発表されたのでさらに話題となっています。そんな今年大注目の仮想通貨ICOについて徹底的に調べてみました!

個人的にはHERO(ヒーロー)”仮想通貨ICOには凄く期待できると感じたのですが、プレICOの参加を逃してしまったので2月1日から開始される通常のICOで登録・購入をしたいと考えています。

こちらの記事では、

HERO(ヒーロー)について詳しくしりたい

HERO(ヒーロー)のICOに参加するか迷っている

HERO(ヒーロー)の登録方法や購入方法が知りたい

という方の参考になるように出来るだけ分かりやすく解説していきたいと思います!

公式サイト:https://membership.herotoken

HERO(ヒーロー)のICOがスタートしましたが、アクセスが殺到しているせいかページが上手く開けないことがあります。しばらく待ってからもう一度アクセスしてみて下さい。

“HERO(ヒーロー)”仮想通貨ICOの目的

まずは”HERO(ヒーロー)”仮想通貨ICOのプロジェクト概要についてまとめてみました。

HERO(ヒーロー)が今回ICOを行う目的ですが、簡単に説明すると「銀行口座を保有していない人でも気軽に融資を受けられるシステムを作ること」です。

日本ではほとんどの人が銀行口座を開設していますし、複数の口座を持っているという人も多いはずです。

ところが東南アジアをはじめとした先進国では、銀行口座を持っていない人がほとんどです。

銀行なんて当たり前にあるものだと思っていましたが、世界人口の約40%(約20億人)の人々は銀行口座を持つことができず、金融機関サービスがまともに受けられないというのが現状だったんですね。。

新しく事業を起こしたくても、銀行から融資が受けられないせいで断念してしまう方もたくさんいるかと思います。しかも、たとえお金を借りることが出来たとしても高金利になってしまうことが多いそうです。

そこで、このような問題を解決するために立ち上がったのが”HERO(ヒーロー)”なんですね!

HERO(ヒーロー)は銀行口座を保有していない消費者に対し、”質屋をベースとする物的担保ローン”や”SNSなどインターネットに紐づいた信用データをベースとする無担保ローン”を組み合わせ、低金利でも融資が受けられる環境を作って行こうとしています。

HERO(ヒーロー)について簡単に開設している動画も公開されています。

HERO(ヒーロー)が行う事業はすでに形作られてきており、PawnHEROというモバイルを使用した質屋サービスのビジネスをフィリピンで展開されています。

なぜモバイル質屋なのかというと、東南アジアをはじめとする先進国ではスマートフォンが広く普及しているため、Webサービスはとても需要があるからです。しかも、無店舗なのでコストの削減もできます。

利用者はスマホで質屋に入れたい商品の写真を撮って、見積もりを取得します。そして宅配便で商品をセンターに送ることで、商品に評価がつけられ、それによってお金(融資)を受け取ることができます。

質屋と聞くといいイメージを持たない人もいるかもしれませんが、PawnHEROはメディアへの露出も多く、様々なアワードを受賞しているしっかりとした企業です。

また、これまでのフィリピンの質屋は月利6~10%前後とのことですが、PawnHEROは月利2.99%で融資が受けられます。

わざわざお店まで行かなくても、スマホとインターネット環境があれば金利の安い融資が受けらるわけですから、銀行口座を保有していなくとも、これなら気軽に融資が受けられますよね。

今回HERO(ヒーロー)がICOを行うのは、ブロックチェーンを基盤とした無担保ローンの事業をさらに発展させるための資金調達が目的です。

 

HERO(ヒーロー)の評判がいい理由

先ほども解説したとおり、HERO(ヒーロー)はすでにフィリピンで事業を展開しているので、そこが一つの安心材料にもなっているかと思います。

ですがHERO(ヒーロー)が注目されているのはそれだけではありません。

HERO(ヒーロー)はソフトバンクやアリババといった日本でも有名な企業が投資しているICO”です。

公式サイトにしっかりとソフトバンク、アリババのロゴが載っています。知名度も高い大手企業が投資していることを考えれば、人気が出るのも納得できますね。

また、1月末にHERO(ヒーロー)の上場先が発表されました。

HERO(ヒーロー)トークンは2018年3月9日に仮想通貨取引所「QRYPTOS(クリプトス)」に掲載されるとのことです。

このことから、HERO(ヒーロー)はプレICOの時よりもさらに注目を集めています。

 

HERO(ヒーロー)のICO詳細

HERO(ヒーロー)は独自トークンの「HERO(ヒーロー)トークン」を発行しています。

ICOスケジュールはこちらになります。

プレICOはすでに終了してしまいましたが、2018年2月1日から通常のICOがスタートします。

価格:1HEROトークン=0.005ETH
(1ETHで200HEROトークン購入できます。)

販売期間:2018年2月1日~2月28日 日本時間21時
(ハードキャップの250kETHに到達したら期間前でも終了となります。)

受け入れ可能な仮想通貨:イーサリアム(ETH)、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCC)、イーサリアム クラシック(ETC)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、Waves(WAVES)

HERO(ヒーロー)のICO参加ボーナス

2018年2月1日(日本時間20:00)~2月28日(日本時間20:00)まで

ICOスタート~2日目まで:ボーナス10%

4日目~7日目まで:ボーナス5%

8日目~14日目まで:ボーナス2.5%

14日後から:ボーナスなし

ボーナスは購入したHEROトークンに上乗せという形で割り当てられます。

 

HERO(ヒーロー)ICO登録方法

まずはHERO(ヒーロー)のICO登録方法から解説していきますね。

①こちらのボタンからHERO(ヒーロー)の公式サイトにアクセスします。

 

HERO(ヒーロー)は日本語対応されていないので、PCをお使いの方はマウスを右クリックして「日本語に翻訳」を押して下さい。サイトが日本語に変換されます。

 

②空欄に必要事項を入力していきます。

ユーザー名は適当に決めたニックネームをローマ字で入力しました。
名前・苗字はパスポートや運転免許証などの本人確認書類と正確に一致する必要がありますので、正しく間違えのないように入力して下さい。
すべて入力できたら「Go To Ethereum Addres」をクリックします。

 

③イーサリアムウォレットアドレスを入力していきます。

マイイーサウォレットの登録はこちら

アドレスに間違いがないか確認したら「プライバシーポリシー」をクリックします。

 

③利用規約の確認・2段階認証の設定をする

利用規約に同意すると2段階認証の案内が表示されるので、設定すれば登録完了となります!

※2段階認証はスキップすることもできますが、購入された際は必ず設定しておくことをおすすめします。

 

HERO(ヒーロー)トークンの購入方法

①Buy Hero Tokenをクリック

HERO(ヒーロー)の管理画面にある「Token Sale」から、「Buy Hero Token」をクリックします。(ICO中のみ表示されます)

 

②利用規約に同意する

利用規約の同意を求められるので、チェックを入れて「Continue」をクリックします。

 

③送金する仮想通貨を選択

次に、送金したい仮想通貨を選択する画面が表示されますので、クリックして選択して下さい。

 

④送金する

送金したい仮想通貨をクリックするとこのように送金アドレスが表示されますので、HERO(ヒーロー)に登録したマイイーサウォレットから送金をして下さい。

※送金は取引所や簡易ウォレットからは絶対に送金しないでください!MyEthWallet METAMASKなど、ERC20対応のイーサリアム用ウォレットから送金してください。

公式ページで購入方法や注意点を解説していますので、参考にしてみて下さい。

ETHの送金方法 :

MyEtherWallet(MEW)を経由

MetaMaskを経由

Mistを経由

Parityを経由

imTokenを経由

その他の通貨の送金方法:

ビットコイン(BTC)

ライトコイン(LTC)

イーサリアムクラシック(ETC)

リップル(XRP)

WAVES(WAVES)

ビットコインキャッシュ(BCC/BCH)

重要:正しいアドレスに送金しようとしていますか?下の動画でアドレス末尾の6文字が送金先アドレスと一致していることを確認してください(動画では各通貨のアドレス末尾の文字をお見せしているのみですが、送金前によくお確かめください)。

動画1・・ETH、BTCのアドレス

動画2・・それ他の通貨のアドレス

 

HERO(ヒーロー)ICOまとめ

仮想通貨ICOの多くはこれから事業を展開していくというスタートアップ企業ばかりですが、HERO(ヒーロー)はフィリピンですでに事業が形作られているので、安心感があると思いました。

銀行の融資を受けられず困っている人たちを助けるというHERO(ヒーロー)のプロジェクトは、東南アジアだけではなく世界中の先進国から必要とされるものですよね。ただ資産を増やしたいというだけではなく、応援したいと思えるICOだと感じました。

また、ソフトバンクやアリババといった有名企業も注目しているICOということで、今後HERO(ヒーロー)がどう発展していくかもとても気になります。

HERO(ヒーロー)について新しい情報が発表されましたら、また更新していきたいと思います!

公式サイト:https://membership.herotoken

 

  bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で