仮想通貨取引所”Bibox(ビボックス)”とは?登録・購入方法など使い方も解説!

最近、BINANCE(バイナンス)やKucoin(クーコイン)といった、海外の仮想通貨取引所が人気ですが、

Bibox(ビボックス)”という新しい仮想通貨取引所が登場したので紹介して行きたいと思います。

公式サイト:https://www.bibox.com

Bibox(ビボックス)の特徴

Bibox(ビボックス)は中国の仮想通貨取引所になります。

2017年11月25日からサービスが開始されたBibox(ビボックス)ですが、なんとたったの1ヶ月で世界の取引所出来高ランキングでTOP20入りするなど、もの凄い勢いで急成長しています。

また、バイナンスと似ているプラットフォームや戦略を採用していることから”バイナンスに続く仮想通貨取引所”とも言われています。

 

Bibox(ビボックス)は使いやすい?

おそらくバイナンスを既に使っているほとんどの方が、Bibox(ビボックス)も使いやすいと感じるのではないでしょうか。

まだ使い始めたばかりですが、今のところはサイトが重くなることもなく快適に使えてます。

また、Bibox(ビボックス)は専用のアプリも出ていますので、スマホからでも取引ができます。

サイトが日本語に対応していないので、普段日本の仮想通貨取引所を使っている方は難しいと感じるかもしれませんが、慣れれば問題ないかな?と思います。

 

取り扱う仮想通貨が豊富!

Bibox(ビボックス)はBTC、ETH、USDT、DAIを始め30種類以上の銘柄を取り扱っています。

中には他の仮想通貨取引所にはないマイナーな通貨もありますし、取り扱う通貨は今後さらに増えていくでしょうね。

マイナーな通貨や草コインの取引もしていくのであれば、Bibox(ビボックス)のような取引所はとても便利です。

もちろんビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)といった人気銘柄も揃っているので、Bibox(ビボックス)の口座は持っておいて損はないかと思います。

 

Bibox(ビボックス)の手数料は?

これもバイナンスやクーコインと似ているところですが、Bibox(ビボックス)の取引手数料もかなり安いです。

通常の取引手数料は0.1%ですが、「BIX(Bibox Token)」を持っていれば、手数料は半額の0.05%になります。

日本の仮想通貨取引所と比べるとかなり安いですよね^^

 

ちなみに、BIX(Bibox Token)Bibox(ビボックス)の独自トークンになります。

BNBやクーコインのKCSといった取引所の独自トークンは、ある程度の上昇は見込めると考えていますが、これはBIXにも同じく言えることだと思います。

Bibox(ビボックス)を利用する人が増えていけば、手数料が安くなるという理由からもBIXを購入する人が増えていくでしょうし、トークンの価値も上がりやすいのではないかと考えています。

気になる方はBIXを購入してしばらく様子見してみるのもいいかもしれませんね♪

 

Bibox(ビボックス)の登録方法

Bibox(ビボックス)の登録は簡単です。3分もあれば登録できると思うのでサクッとやってしまいましょう♪

最近、仮想通貨取引所の中には、一時的に新規登録を規制するところもありましたので、”登録はできる時に”済ませておくことをおすすめします。

 

①まずはこちらのボタンからBibox(ビボックス)の公式サイトへアクセスします。

②メールアドレス・パスワードを入力していきます。

パスワードは8文字以上でローマ字・数字を組み合わせたものにして下さい。

「Click to pass」にチェックを付けるとこのような画面が出てきますので、画像の矢印部分をマウスで右にドラッグして認証してください。

 

認証できるとこのようにチェックが付きますので、「Sign up」をクリックして下さい。

 

「Sign up」クリックするとこのように表示されます。「登録したアドレス宛てにメールを送信したので確認して下さい」というようなことが書かれていますので、メールを確認しましょう。

 

③Bibox(ビボックス)から届くメール内のURLをクリックします。

このようなメールがBibox(ビボックス)から届きますので、本文に記載されているURLをクリックします。
※届かないという方は迷惑メールボックスを一度確認してみて下さい。

④登録完了!

このように表示されれば登録完了です。

 

ログインするとこのようなページになります。

Bibox(ビボックス)の言語は英語・中国語・韓国語しか選択できませんので、マウスの右クリックから「日本語に翻訳」を押すと言語が日本語になるので、分かりにくい方は活用してみて下さい。

 

Bibox(ビボックス)2段階認証のやり方

Bibox(ビボックス)にログインするとユーザーセンターのページが表示されているかと思います。

もし違うページが表示されているという方は、右上の人間マークをクリックし、その中にある「アカウント情報」をクリックしてください。

 

ユーザーセンターの画面中央あたりにセキュリティ設定があるのですが、その中に「Google認証」とあるので「有効にする」をクリックします。

 

そうすると、このようにQRコードが表示されるので「Google Authenticator」などの2段階認証アプリを使って読み込んで下さい。

QRコードを読み込んだら、パスワードを入力し、2段階認証アプリに表示される6桁の数字を入力したら「 確認」をクリックします。

これで2段階認証の設定は完了です。

 

Bibox(ビボックス)の購入方法

Bibox(ビボックス)は日本円での入金はできません。
仮想通貨で送金するようになります。

Bibox(ビボックス)にログインした状態で、右上の「資金」をクリックします。

そうすると、このようにBibox(ビボックス)が取り扱う仮想通貨が表示されます。

ここから仮想通貨の入出金を行うことができます。(2段階認証を設定していないと仮想通貨の入出金はできません)

例えばBTC入金したい場合は「Deposit」をクリックすると、このようにアドレスが表示されます。

このアドレスに仮想通貨を送金することでBibox(ビボックス)への入金が完了となります。

Bibox(ビボックス)から出金したい場合は、「Deposit」の右側にある「Withdrawal」から行えます。

仮想通貨の入手金を行う際は、必ず注意事項をよく読み、送金先のアドレスに間違いがないか、選択した通貨に間違いがないかなどしっかりと確認をするようにして下さいね!

 

Bibox(ビボックス)についてまとめ

Bibox(ビボックス)の特徴や登録方法など使い方を紹介してきましたが、バイナンスと同じ戦略を採用しているところなどから、今後どんどん大きくなっていく取引所なのでは?と期待しています。

バイナンスを使ったことがある方なら、仕様もよく似ているのでBibox(ビボックス)も使いやすいと感じると思います^^

先日、コインチェックでハッキング事件が起きましたが、仮想通貨取引所は複数利用して資金を分散させておいた方がリスクは減ります。

取引所を複数持って起きたい方は、この機会にBibox(ビボックス)も使い始めてみてもいいと思います。

公式サイト:https://www.bibox.com

 

  bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で