TokenPay(トークンペイ) ICOは参加するべき?初心者にも分かりやすく解説!

最近注目されてきている匿名通貨ですが、
今回はSNSでも話題になっている
『TokenPay(トークンペイ)』というICOについてご紹介します!

これまでの匿名通貨にはない機能も持っているのが特徴で、
話題性もあり今後が楽しみな通貨です。

TokenPay(トークンペイ)ってどんな通貨?

TokenPay(トークンペイ)はビットコインのブロックチェーンをベースに作られた、
匿名性が高くセキュリティがかなり高い通貨です。

匿名性が高い通貨として有名なのは、MoneroやDash、ZCashなどがありますが、
TokenPay(トークンペイ)はそれらよりも高度なセキュリティで
プライバシー機能がしっかりしています。

他の通貨にはない「Secure Chat」と
Tor Network Integration」という機能が付いています。

初めて聞く言葉でいまいちピンとこないのですが、
分かりやすく言うとこの機能があることで
”政府レベルのセキュリティが備わった通貨”だと言えるそうです。

最近注目を集めている匿名通貨ですが、
機能面はTokenPay(トークンペイ)が一歩先駆けているという感じがしますね。

また、銀行との提携がすでに決まっていて、
そこにTokenPay(トークンペイ)の匿名性を合わせたサービスを構築していくと考えられます。

将来的には専用のデビットカードも配布するようです。
もしこれが実現すれば、ATMでも使えるようになるし実用性が高まりますね!

 

TokenPay(トークンペイ)ICOに参加した理由

私がTokenPay(トークンペイ)ICOに参加してもいいかなと思った理由を紹介していきます。

ICOに参加しようか迷っている方は、よければ参考にしてみてください!

発行枚数がそれほど多くない

TokenPay(トークンペイ)はADKと比べられてることが多いですが、
発行枚数も一緒なので、上場後もそれなりに期待してもよさそうだなと感じました。

発行枚数が多いと売る人も出てくるので価値が上がりにくくなってしまいますからね。

Verge(XVG)がアドバイザーについてる

VergeもTokenPay(トークンペイ)と同じく匿名性の高い通貨で有名です。

開発スピードが早く、メジャーな取引所にも上場していて、コミュニティも盛り上がっています。

既に成功しているVergeの開発者がアドバイザーとして付いている安心感は強いですし、
Verge人気の効果で話題性もありますよね。

上場予定が近い

TokenPay(トークンペイ)のロードマップを見てみると、
2018年第1四半期(Q1)には上場予定となっています。

さらに第2四半期(Q2)には銀行との完全な提携を予定しています。

ということは、ロードマップの通りに進んでいけば
かなり早い段階で価格が跳ね上がる可能性があるのでは?と考えています。

あくまで予定なので何とも言えませんが、
有名な取引所に上場するという話もあるのでこれから楽しみなところです。

ボーナスがでかい

こちらがTokenPay(トークンペイ)のICOのボーナススケジュールです。

Week1・・・販売開始~12/13の間に購入すればボーナス100%、
Week2〜Week4・・・12/14~1/3の間に購入した場合はボーナス50%、
Week5・・・1/4~1/10の間に購入した場合はボーナス25%、
Week6・・・1/11~1/17の間に購入した場合はボーナス10%
となっています。

早期購入でボーナスがつくので、
もしも価格が下がってたとしても損はしにくくなるな〜と考えています。

また、販売枚数は2500万通貨のうち1425万販売されています。
1425万枚発行した時点でICOは終了となるので、
参加を考えているならボーナスが高くもらえるうちに購入した方がいいですね。

 

TokenPay(トークンペイ)のICOに参加するには?

まずは、TokenPay(トークンペイ)のICO参加ページへ行き
アカウントを登録しましょう。

登録はこちら

画像の赤マルしている「REGISTER FOR TOKEN SALE」をクリックします。

新規アカウント登録画面に切り替わるので、項目を入力していきます。

First Name・・・名前を入力
Last Mame・・・苗字を入力
Email Address・・・メールアドレスを入力
Password・・・パスワードを入力
Confirm Password・・・パスワードの再確認
「私はロボットではありません」にチェック
LOGIN TO ACCOUNT」をクリックして登録完了です!

ログインするとこのような画面になります。

左側のサイドバーからウォレットの設定をしたり取引の履歴をみることができます。
また、「My Account」で自分の登録情報を確認でき、2段階認証もここから設定できます。

TokenPay(トークンペイ)の購入方法は?

TokenPay(トークンペイ)の購入は「Dashboard」からできます。

TokenPay(トークンペイ)はビットコインでしか購入することができません。

画像の赤枠のところに購入したい金額を入力して
GET 〜 TPAY」のボタンをクリックして購入の手続きをします。

トークンペイ(TPAY)の買い方はこちらの記事で詳しく解説しています。
TokenPay(トークンペイ)の購入方法

また、TPAYの受け取り(ボーナス分も含む)はトークンセール終了後となっています。

その際ウォレットが必要になるので、
TokenPay(トークンペイ)のウォレットの登録方法についても今後書いていこうと思います。

 

最後に

TokenPay(トークンペイ)はセキュリティがしっかりしているところや
早期購入者へのボーナスが厚いところも魅力ですが、

最低購入価格が0.01BTC(今の相場で約20,000円)なので
少額からでも投資できるのも個人的に良いなと感じました。

私は気になるICOがあれば、少額でもいいから持つようにしています。
迷って結局参加しないであとで「参加しとけばよかった」ってなるとモヤモヤするので。

TokenPay(トークンペイ)はここ最近でとくにおすすめのICOなので、
この記事を読んでちょっとでも気になった方は、ぜひ一度検討してみてくださいね!

 

  bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で