ICO中のBANKERA(バンクエラ)がバヌアツ銀行を買収!今後の影響はある?

先日紹介した話題のICO”BANKERA(バンクエラ)”ですが、公式からビッグニュースが発表されました。

その内容ですが、なんとバヌアツ共和国の銀行を買収したというものでした。

 

バヌアツって聞いたことあるけど、どこにあるの?と思ったので調べてみました。

オーストラリアの東側にありました。人口はおよそ27万人の小さな国ですが、海がとても綺麗なところみたいです^^

 

それで、どんな銀行を買収したのかですが、、

「Pacific Private Bank(パシフィックプライベートバンク)」という銀行で、どうやら富裕層向けのプライベートバンクみたいですね。

>>Pacific Private Bankの公式サイトはこちら<<

 

BANKERA(バンクエラ)の公式発表

BANKERA(バンクエラ)から動画が公開されていましたのでまずはこちらをご覧ください。

がっつり英語ですが、日本語字幕が付いているのでなんとなく理解できました。

まとめると、

・バヌアツのPacific Private Bankを買収した
・Pacific Private Bankは20年の歴史がある銀行
・銀行業務に携わるプロを迎えることができた

という感じでしょうか。

 

銀行業務に携わるプロを迎えることができたというのは、仮想通貨の銀行を目指すBANKERA(バンクエラ)にとって、銀行ライセンスの取得に向けて一歩近づけたと言えますね。

【BANKERA(バンクエラ)のビジョン】

銀行を買収したことで、ローンや投資といった金融サービスの濃い情報も得られたと考えられます。

 

さらに、BANKERA(バンクエラ)の公式ツイッターではこのような発表もされています。

BANKERA(バンクエラ)が買収した銀行「Pacific Private Bank」が得た利益は、BNKトークン保有者に分配されるようになるということですね!

これには少し期待してしまいましたが、実際はプライベートバンクを買収しただけと考えてみると、どのくらい影響があるのかはちょっと想像がつきにくいですね。

ですが、まだICO中だというのにこのような進展があると、しっかり行動しているんだなと好感が持てました^^

今回のニュースはなかなかインパクトが大きかったですし、買い増しする人も出てくるかと思います。

BANKERA(バンクエラ)のICOは2月末まで行われる予定ですが、早い段階で売り切れる可能性も考えていた方がよさそうですね。

ICOの参加方法やBNKトークンの買い方などはこちらで詳しく解説しています。

BANKERA(バンクエラ)が気になっている方・ICOに参加しようと思っている方は、ぜひ参考にしてみて下さい^^